自分を知るための占いサービス

パートタイマー、傷病手当金を申請する。

2018/04/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの自己理解を占いでお手伝いします。 この身は甘いもので構成されたい。 各種ご依頼は、 kinoto417@gmail.com へご連絡ください。
スポンサードリンク

先日、かかっているメンタルクリニックの待合室に、案内が張り出されていた。
何でも平成28年より、診断書の料金が変更になっていたらしい。
通常の簡素な診断書、自立支援医療申し込み用の意見書など、内容によっては6,000円前後の支払いを求めるものもあるようだ。

以前、筆者の財布の中身が覚束ないばかりに、パニックを起こしたことを、何となく思い出す事案である。
(ご存じない方は「続 パートタイマー、自立支援医療制度を申し込む。」をご参照いただきたい。)

実のところ、その案内が、いったいいつからそこに存在していたのか、筆者は知らない。
遥か以前からあったのかもしれないし、筆者のような者が現れたのでやむを得ず再度貼りだしたものかもしれない。

いずれにせよ、これから自立支援医療を申し込もうとする方々にとって、この案内はためになることだろう。
目につきやすいところに現れたのだから、よいことである。

筆者のプチパニックも、多少なりとも、他者のためになったなら何よりだ。

そんなことを思った次第である。

さて、本日のテーマは、いよいよ傷病手当金である。

傷病手当金とは、社会保険加入者が、企業側の申し込みによって受け取ることが出来る、病気・けがによる療養期間の最低限の給与保証、と考えていただくのがよろしかろう。
筆者はパートタイマーであるが、社会保険加入者であり、申請要件を満たしていたため、会社側も快く申請手続きを行ってくれた。

では、どんな書類が必要であり、どういった手続きを踏むのか。
本稿は、下記の通り進めて参る所存である。

1.傷病手当金とは
1-1.傷病手当金はどこから、いくらほどもらえるのか
1-2.傷病手当金の申し込みに必要な書類
2.傷病手当金と自立支援医療は、併せて申し込めるか

これから傷病手当金の申し込みをされる方にとって、少しでも助けになれば幸いである。

スポンサードリンク
モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】

1.傷病手当金とは

傷病手当金とは、前述のとおり、怪我や病気などを理由に就労することが不可能になった、社会保険加入者が受け取ることが出来るものである。
つまり、健康保険証に国民健康保険と書かれている方は対象外となるので、ご留意いただきたい。

怪我や病気により、本人および扶養家族が生活する上での給与が会社から受け取れない時のための、最低限の収入を保障するために生まれた制度である。
つまるところ、社会保険加入者であれば、誰でも申請する権利を持っている。
社会保険に加入しているにも関わらず、「君では申請できない」と言われた場合、それは嘘だ。
あるいは、経営者が大層な愚か者であるというだけのこと。

そして、もっとも大切なのは、該当者の怪我・病気が、過労によるものであってはならないという点である。
もし諸君らが激務による負傷や、うつ状態に陥ったなら、申請すべきは労災保険だ。
傷病手当金の対象とはならないので、ご注意願いたい。

1-1.傷病手当金はどこから、いくらほどもらえるのか

傷病手当金は、どこから振り込まれるのか。
「手当」とついていることから、会社が支払うものと誤解される方もいらっしゃるかと思うが、安心されたい。
傷病手当金は、会社が加入している健康保険組合から支払われる。
よって、会社が損をすることは、ほとんどないと言っても過言ではない。

ただし、ご注意願いたい。
傷病手当金の支給期間、すなわち就労することが出来ずに報酬を得ていない期間でも、社会保険料の支払い義務は発生する

筆者の場合は、社会保険料を会社が立替えて支払い、傷病手当金が振り込まれ次第、会社の口座にお返しする、という手法を取っている。

他にも会社側が一度受け取り、社会保険料を差し引いたうえで本人の口座に振り込む、ということも出来るようだ。
この場合、代理人受け取りで申請することになるのだろう。

そして、気になる金額。
計算は、一日当たりで行われる。
休職するに至った月の前月からさかのぼって一年、12か月分の給与から平均を算出し、更に30日で割って日割りを出したのち、その60%である。

例えば、12か月分の給与平均が25万円だとしよう。

=250,000円÷30日×0.6

となり、一日あたり約5,000円の計算になる。

筆者のようなパートタイマーの場合でも、算出方法は同じ。
正規雇用であろうと満額とはいかない事実にもの悲しさはあるが、お金はないよりも、あった方が断然よい。
治療費の支払い以外にも、生活費だって必要なのだ。
奮って申請されることが望ましかろう。

スポンサードリンク
広告・PR・デジタル業界の転職支援「シンアド」

1-2.傷病手当金の申し込みに必要な書類

受給希望者が用意するものは、申込書の本人記入ページ(初回のみ2枚)医師記入ページ(1枚)の2種。
前者は本人が、後者は担当医による記入が、それぞれ求められることになる。

ちなみに、申込書は全国健康保険協会のHPのこちらのページより、PDFを見ることもできる。
ぜひご参照いただきたい。
本人が用意せずとも、所属企業の労務(人事管理とも呼ぶ)部門が動けば、必然的にこの申請書が用意される運びとなっている。
そのため、特に印刷して持っておく必要性はない。

基本的には、手続きは、社会保険労務士が用意し、所属する会社を通して行われる。
つまり、

社労士事務所 → 会社 → 本人

の順で書類はやってくることが多いだろう。
まるでリレー方式だ。
この時、会社から届いた書類が、当事者の用意するべき二種類の書類である。

同じく、返送する際にも、

社労士事務所 ← 会社 ← 本人

の順になり、直接社労士事務所とやりとりをすることは出来ない。
その上、企業が「この日からこの日まで病気(または怪我により)欠勤している」ということを認めない限り、いくら医師記入欄が満たされていても、傷病手当金は支払われない。
すなわち、個人が勝手に書類を郵送したからといって、傷病手当金を受け取ることはできない。

願わくば、諸君の勤め先が、以上の手順を惜しまない、優良企業であることを。

2.傷病手当金と自立支援医療は、併せて申し込めるか

おそらく、読者諸君が最も心配されるのは、自立支援医療との併用であろう、と筆者は思う。

結論から申し上げれば、これは可能である。
万事問題ない。

自立支援医療と、傷病手当金とは、その制度を設けている窓口が異なる。

前述のとおり、傷病手当金は加入している健康保険組合が払ってくれるもの。
そして自立支援医療は、居住する市区町村の役場の認可により、医療費の負担額が減額される制度だ。

つまり、根本的に違ったものであるから、併用してもまったく問題ない。

うつによる休職を余儀なくされた皆様には、遠慮なく双方の手続きを進めて頂きたい。

スポンサードリンク
面倒な書類作成から面接サポートまで!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

まとめ

今回の記事において、要点は下記2点である。

・傷病手当金は、社会保険に加入している労働者なら、誰でも申請する権利がある
・傷病手当金は、自立支援医療と同時申請しても問題ない

以上である。

さて、次回は実際に筆者が受け取った傷病手当金の話をしよう。
傷病手当金の手続きから、受け取りに至るまで、実は少し困ったことがあったのだ。

詳細は次の記事、「パートタイマー、傷病手当金を受け取る。」にて明らかにするので、これから傷病手当金を申請されようという方は、本稿と併せて、ぜひご覧いただきたく存じる。

ひきつづき、どうぞご贔屓に。

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの自己理解を占いでお手伝いします。 この身は甘いもので構成されたい。 各種ご依頼は、 kinoto417@gmail.com へご連絡ください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 憂き世のほとり~シーナのブログ~ , 2018 All Rights Reserved.