うつ病を生きていくために。

闘病記録~ポジティブ心理学の導入~

2020/01/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
パートタイマー、うつ病、配偶者なし。 三拍子のハンディキャップを抱えた筆者が、うつを生き抜くべく試行錯誤します。
スポンサードリンク

こんにちは。
木弟(きのと)です。

占い1000本ノックや、電話占いにご協力を頂いており、とても嬉しいです。
チャンスにたいしてしっかり挑んでいける前向きさを、今はとても楽しんでおります。
絶望的にネガティブだった自分からは、考えられない状況ですね。

そんなわけで今回は、久しぶりに自分の病状について書こうと思います。

私がうつで仕事を辞めることになった話は、過去にもしていますね。
特に隠していないので、ブログでもふつうに話題に出しています。
(詳しくは「パートタイマー、うつで求職する。」をご覧ください。)

通院日に、次のようなことを伝えてみました。

まず、気分が恐ろしくよいということ。
思い悩んだり鬱屈した気分になることが減りました。
自然と姿勢もよくなりましたし、ストレスで体調を崩すことも減りました。
頻繁だった動悸と息切れも落ち着きつつあります。

次いで、過去の出来事を過剰に思い出したり、失敗についてずっと考え込んだりすることがなくなりました。
やってしまったことは仕方がないので、次に気を付けようと割り切ることができるのです。
これが難しくてずっと思い、患っていたのですが、最近は滅多にくよくよすることがない。
昔の記事を読んでくださっている方は、これがどれほどすごいことか、分って頂けると思います。

そのうえ、過去の出来事に関して、分析的に考えることが出来るようになったのです。
調子に乗ると余計なことを口走ってしまう性質なのですが、これで後悔したこと山の如し。
以前は「自分はなんてダメなんだろう」と悲観するばかりでした。
しかし今は、「口走る前に、自分にも、相手にも、考える時間を設けよう!」と、向き合うようになりました。
根が正直すぎるのは、もう数十年付き合ってきた性分なので仕方がない。
なら、うまく付き合っていけるようにした方が得策なのではないか。
そんなことをまで考えるようになったのです。

およそ一年間の薬物治療の甲斐あって、刻一刻と寛解に近づいている実感があります。
うつの治療はおよそ二年間かかると言われていますが、本当にそのくらいで、生きやすく生きられる気がする。
そのくらいには前向きになっています。

ただし、抗うつ剤を減らすには至っておりません。
先生に「通常どのくらい改善したら薬を減らせるのか」と確認してみたところ、
「睡眠薬から減らしていくから、まずはよく眠れるようになってからね」
とのこと。

「焦らずにね」と釘を刺されてしまいました。

近況はこんな感じ。
なので、最近めちゃくちゃポジティブです。いえい!

ところで、ポジティブになり始めたタイミングで思い出したのが、学生時代にゼミで輪読した本の内容でした。

学問領域は「ポジティブ心理学」。

今は新書でも出ていますので、比較的学びやすくなってますね。
当時は提唱されはじめたばかりで、まだまだ認知度は低めでした。

簡単に言うと、「幸福」について研究する心理学のジャンルのひとつです。

ポジティブ心理学では、幸福には下記の4つの因子があると言われています。
思い出した順に書いていきますね。

・「なんとかなる」因子
・「ありがとう」因子
・「自分らしく」因子
・「やってみよう」因子

印象深かったのは、この「なんとかなる」因子の部分です。
「なんとかなる」因子は、前向きさと楽観性によって構成されています。
つまり、幸せの一部は、上記によってつくることができるのです。

では、作るためにはどうしたらよいのか。

本の中には、至極簡単なトレーニングの方法がありました。
それは、一日の終わりに、その日良かったことを3つ書くこと。
そう。
たったそれだけです。

ネガティブだった在学中の私は、日記を書きとめることさえ苦痛で、3日も持続しませんでした。

ところが、最近ツイッターを利用して再挑戦してみたところ、存外続いております。
人に見られているというのもあるのでしょう。
けれど、「よかったこと」を考えるのが、苦痛ではなくなっているという実感があります。

もしネガティブ思考でお悩みの方がいらっしゃいましたら、苦痛じゃない程度に、#今日の成功体験 で共有してみてください。
光の速さでハート飛ばします(いいねします)から。

以上近況でした。
ご覧いただき、ありがとうございます!

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
パートタイマー、うつ病、配偶者なし。 三拍子のハンディキャップを抱えた筆者が、うつを生き抜くべく試行錯誤します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 憂き世のほとり , 2019 All Rights Reserved.