心理学と占いと時々雑談。

彼は何タイプ?フリーターの分類と結婚の可能性

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ネットに生息する野生の占い師。主にトート・タロットを使って鑑定します。 ブログでは占いの話や、心理学のマメ知識、占いサービスのご紹介、雑談などをします。 占いに関する記事のご依頼もお気軽に!
スポンサードリンク

こんばんは、野生の占い師シーナです。

先日、占いの館でのお仕事を退職しました。
なので、今はフリーランス一本です。
オンライン通話での鑑定をお引き受けしますので、詳しいことはこちらの記事をご参照ください。

フリーランスといれば聞こえはいいですが、仕事がなければ無収入。
お客さんさえいなければ、ニートと大差ない生活ということになります。
いろいろ考えていることはありますが、体の自由が利かないこともあり(あまり健康体ではないので)、この形をとりました。
リスクはもちろんありますが、選択の時はいずれ訪れたとは思いますので、遅いか早いかの違いです。

さて、そんな不安定な労働状況の私ではございますが、本日のお悩みはこちら。

アラサー女子です。4つ下の彼氏がいるのですが、正社員じゃなくてバイトです。そろそろ結婚したい歳でもあります。彼のことがすごく好きなんですが、将来のことを考えるとこのままでいいのか正直悩んでしまいます。今は好きな気持ちだけで付き合ってますがこれからのことを考えると私が養ってあげないといけないとなるとしんどくなってしまいます…このまま付き合っていくか別れるかすごく悩んでいます。

年下彼氏ですか。
なるほど、甘えたくて年上と付き合っている可能性が高いので、あまり「しっかりして!」と尻を叩くのもおすすめできませんね。
もちろん、人によるとは思いますが。
とはいっても、結婚相手となると、ある程度経済力や社会的地位を持っていてほしい女性心もなんとなく理解はできます。
正規雇用で、責任ある立場についていて、部下からも尊敬されていて……そんな理想のパートナー像を抱いている人、少なくないですよね。

しかし、フリーターを取り巻く環境はとっても複雑で、ただ定職につけばいいというわけではないのが現状だと思います。
そもそも、何を目的にしているかで、フリーターは細かく分類することができるのです。
そこで、本日はフリーターの分類と、結婚の可能性について、考えてみたいと思います。

目的別!フリーターの分類と

研究では、フリーターは大きく3つの分類に分けることができると言われています。

  • モラトリアム型
  • 夢追い型
  • やむを得ず型

の3分類ですね。
さらに細かく分類することもできますが、それは各タイプの説明で見ていきましょう。

モラトリアム型

現在フリーターに最も多いとされているのが、このモラトリアム型です。

モラトリアム(moratorium)とはもともと金融機関への支払いを一時猶予する際などを表す言葉でしたが、心理学者のエリクソンが心理学用語として使いはじめたのを皮切りに、心理学用語としても定着していきました。
簡単に概説すると、若者(青年)が一人前の社会人になるのを猶予されている状態のことを表します。

昔は職業選択の自由がありませんでした。
家庭によって農家は農家、靴屋は靴屋、八百屋は八百屋と決まっているパターンがほとんどで、成人と見なされればそれらの仕事に就くことを要求されていました。
しかし現在は庶民でも警察官になれますし、勉強を頑張れば医師にもなれます。
職業選択の自由が発生したわけですね。
そうなると、選択肢がある分、私たちはかえって困惑するようになり、社会人として社会の、国家の、世界の役に立つための手段を選択する時間が必要になりました。
こうして、モラトリアムという青年期特融の猶予期間が発生したわけですね。

モラトリアム型は、フリーターになった当初、明確な展望を持っていなかった人々と定義されています。
つまり、「こういう仕事に就こう!」とか「こんな自分になろう!」といった目標のようなものがないままフリーターになった人たちのことを言います。
このタイプは、フリーターになる以前に所属していた機関が教育機関(中学、高校や大学や短大、予備校など)であったか、企業などの職場であったかによってさらに2つに分けることができます。

  • 離学モラトリアム型
  • 離職モラトリアム型

離学モラトリアム型

最も、今後の展望やイメージが漠然としているのが、この離学モラトリアム型と言われています。
中学校や高校、専門学校、予備校、大学などと卒業した人たちが、将来に関するイメージを持たないまま、お金だけを必要に迫られてアルバイトを始めた、というパターンが多いのが特徴です。
この手の人たちは、本当にただただ闇雲に働いているというニュアンスが強いです。

また、正社員をあまり志望していないのも興味深い点です。
その理由は、責任が重くなく、気楽で済むから、と回答する若者が多いようです。
フリーターであることにデメリットをあまり感じていない層でもありますので、責任を負いたくない、プレッシャーを感じたくないといった消極的な動機であるのがポイントですね。

離職モラトリアム型

学校を出て就職をしたものの、職場環境の劣悪さや人間関係のトラブルなどを抱えて、不本意ながら離職したものの、再就職の見通しが立たずフリーターをしているタイプ離職モラトリアム型と言います。
フリーターの中では学歴が高めなのが印象的ですね。
正社員を目指して抜け出そうとしている人と、離職時のことがトラウマで正社員には戻れないと感じている人に二分されたという調査報告もあります。

離職モラトリアム型の人たちは、仕事を選ぶ際、長く安定的に働けることや、職場環境が良いことなどを重視しており、また正社員時代の経験を生かした仕事をしたがる傾向にあります。
正社員への志向は高めではりますが、離職時のネガティブなイメージから、正社員を志したくないという人も少なくないそうです。

夢追い型

芸能関係や職人・フリーランス型の職業に就きたいと考えているのが、夢追い型の人たちです。
目標がきちんとあって、その仕事に就くためにはフリーターをしているのが最も都合がいいという方たちですね。
確かに芸能界や職人業は修行の期間がとにかく長く、一人前になるのはとても時間がかかります。
そのためのトレーニングに時間を費やすので、一日8時間も働いていられませんよね。
(といっても私は一日8時間労働が当たり前とされている日本の状況は、非常に遺憾なのですが。)
制約の少ないアルバイトで生計を立てるのは、当然のことかなと思います。

ちなみに、私が拝見した調査では、夢追い型は3パターンの中で最も割合が低く、全体の1割くらいだったと言われています。
もう少し潜んでいる人たちがいそうな雰囲気はある気がするのですがね。
まあ、私の勘ではですけど。

夢追い型フリーターをざっくりと分けると、以下の2タイプになります。

  • 芸能志望型
  • 職人・フリーランス型

芸能志望型

俳優、ミュージシャン、お笑い、ダンス……etc。
これらの芸能関係を目指すフリーターたちを、芸能志望型と呼びます。
最近では声優も人気ですね。
これらの仕事を目指してフリーターをしている人が、調べた調査では多かったです。

このタイプの人たちは親との同居率が低く、収入のバランスも比較的とれている人たちがほとんでした。
高収入バイトに就きやすいという特徴があるみたいです。
居酒屋、カフェ、アミューズメントパークなど、接客系の仕事をしている人が多く、リーダーに抜擢される傾向もあるんだとか。
夢に一直線というタイプなので、やはりバイタリティがあるのでしょうね。

このタイプの人たちは働き方にもこだわりが強く、自分の都合や芸能関係の仕事の都合などを優先できるスタイルを好む傾向があります。
そういった都合からも、飲食店なんかは働きやすいのかもしれないですね。

職人・フリーランス型

たぶんですが、私もこれに該当すると思います。
職人やアート系、執筆関係などの、自分の技能・技術で生計を立てようとする人たちを、職人・フリーランス型と分類しています。
漫画家やイラストレーターもそうですね。
職人は飲食関係から工芸関係、建築関係など多岐にわたりますし、こちらももう少し目指している方がいそうな印象です。

このタイプの人たちは、自分のやりがいをとても重視するので、半端な仕事はしません。
むしろ、将来の夢に近しい仕事を率先してこなす印象があります。
正規雇用になりたいと感じている人はやはり少なく、自分の夢や目標ありきの生活設計をしているのが特徴といえるでしょう。

やむを得ず型

本人の意図とは関係なく、労働市場の悪化や、家庭のトラブルなどでフリーターにならざるを得なかった人たちがいます。
それがやむを得ず型です。

フリーターになった事情によって、このタイプの人たちはさらに3つに分類することができます。

  • 正規雇用志望型
  • 期間限定型
  • プライベート・トラブル型

正規雇用志望型

正規雇用志望型は、正規雇用を目指して就職活動をしたものの、望ましい結果が得られずにフリーターに流れついたタイプです。
親との同居率が高いのもこのタイプ。
大学卒が33%と、学歴も高めです。

やはり正社員になれなかったことが根強いのか、仕事探しでは「正社員になるチャンスが回ってくる仕事」を選びやすいみたい。
また、わきあいあいとした職場や、長く勤められる職場を求める声もあるそうです。

おそらくですが、リーマンショックの影響をダイレクトに受けた人たちも、この正規雇用志望型に含まれるのだろうなと思います。
この調査に回答していない、潜伏した正規雇用志望型はもっと多くいるでしょう。
こういう人たちを救い上げる制度を、企業にはもっとたくさん用意してほしいものですね。

期間限定型

大学や高校への入学まで、といった感じで期間を区切って働いているのが期間限定型です。
入学・就業待ちの状態ですね。
学費を稼いだり、資格取得までの間アルバイトをするのが、このタイプの人たちの特徴です。
勉強をしている人に多いためか、塾や家庭教師などのバイトを選びやすいという傾向もありました。

「期間限定だから」と割り切っている人たちが多い一方、スキルアップなどができないといった不満を感じている人もちらほら。

期間限定といっても、就学ならある程度期間がわかりますが、資格は取得できなかったら就労できませんから、いまいち先の見えない戦いになりそうな気配はしますけどね。
夢追い方と一緒にしなかったこの調査、ちょっと気になりな。

プライベート・トラブル型

最後になりましたが、本人や家族の病気、勤めていた企業の倒産、セクハラ・パワハラなどの、本人にとっては不本意なトラブルがきっかけでフリーターになった人たちがプライベート・トラブル型です。
年齢層は低めで学歴もさほど高くない傾向にありますが、正社員率は圧倒的に多いという結果でした。
パワハラやセクハラ、長時間労働などを経験している方が多く、かなり悔しい思いをしたことがうかがえますね。

また、本人や家族の病気などの場合、就労時間がかなり短くなってしまうのが悲しいところ。
長時間の労働や激務に耐えられなかったり、介護や看病によって時間がとれなかったりする可能性が高いです。
体力的に無理のない仕事や、静かで落ち着いた職場を求める声が多く見られました。

結婚に適しているフリーターのタイプは?

さて、ここまで長々と解説してまいりましたが、あなたのパートナーはどのタイプに該当するでしょうか。

一度は正社員になってからフリーターに転身したのか、そもそもフリーターしか経験していないのか。
目的があってフリーターになったのか、何の目標もなくフリーターをしているのか。
やむを得ない事情でフリーターになったのか、そうでないのか。

これらの事情によって、あなたとの結婚の可能性は、大きく変わってきます。

もちろん、フリーターの人だからやめた方がいいなんてことは私はいいません。
結婚したいとき、したい相手とするのが一番いい。
なので止めることは当然しません。

ですが、結婚にはかなり重要な要素があります。
それはタイミングです。
もしかしたらこちらの記事が参考になるかもしれませんので、気になる方は併せて読んでみてください。

モラトリアム型フリーターと結婚

モラトリアム型は、はっきり言って一番大変だと思います。
なぜかというと、相手は未来に対する展望をほとんど持っていません。
つまり、あなたと結婚するという未来もきちんと想像できていない可能性が高いのです。

しかし、まったく見込みがないわけではありません。
私はこのタイプのフリーターの内、結婚を決めてから見違えるほどに変わった男性を知っています。

知人の女性は、フリーランスのイラストレーターでした。
恋人である男性を養うために必死になって働いていたのですが、あるとき病気になってしまいます。
このままでは恋人を食べさせることができない、どうしよう、と彼女が不安になっていた日のこと。
無目的にフリーターをしていたはずの彼が、プロポーズをしてきたのです。
それも、とある会社の正社員の内定を手に入れてから、です。

モラトリアム型は、自己決定を猶予している状態です。
つまり、「こうやって生きるのだ」という指標さえ獲得すれば、その目的のためにすさまじいエネルギーを費やすことができるのです。

もしあなたの彼がモラトリアム型なら、今の彼は蛹です。
羽化するには、安全に守られた蛹の中で、成長することが不可欠。
きちんと育んでいく覚悟と、何が何でも彼を羽化させるという決意をもって挑んでください。

夢追い型フリーターと結婚

夢追い型との結婚は、ある意味ではとても難しいと言えるでしょう。

このタイプの方は、夢に一直線。
夢が叶うまで幸福は手に入れないというストイックな方が多いのです。
なので、あなたの結婚したいタイミングに結婚してくれるかどうかはかなり微妙です。

重要なのは、彼の夢を応援できるかどうか、彼が夢を叶えることを確信できるかどうかです。
彼の夢を叶えるために一緒に行動したとき、あなたは彼にとってこれ以上にないパートナーになります。

いずれ飲食店を営むことを目標にしているなら、経営学を学んでみましょう。
俳優になりたいというなら、読み合わせを手伝ったり、一緒に観劇をしてもいいかもしれません。
歌手になりたいなら、一番のファンになることです。

そうすることで、夢が叶い二人の幸せが絶頂になった時、結婚のタイミングは訪れるかもしれません。

やむを得ず型フリーターと結婚する場合

やむを得ず型のフリーターがパートナーの場合、事情にもよりますが、かなり見込みがあります。
本人の病気で定職に就けない場合を除けば、時間も体力もあり、誠心誠意働くことができるからです。

しかし、無理に正規雇用を進めてはいけません。
上司とのトラブルや痴情のもつれなどで、やむを得ず離職することになった彼の気持ちを慮ってください。
彼には傷とトラウマがあります。
それをきちんと癒してからではないと、正規雇用になったといしても、充実した仕事ができる可能性はかなり低いですから。

彼に必要なのは、あなたがどんなことがあっても彼と生きていく覚悟だと示すことです。

あなたの応援と、きちんとした心身のケア、そして彼自身を売り込むことができれば、おのずと結婚のタイミングも図れるのではありませんか?

まとめ:フリーターと結婚しても、あなたが幸せならいい!

それでは、本稿のまとめです。
今回の記事を要約すると、以下のようになります。

  • フリーターにはモラトリアム型、夢追い型、やむを得ず型がある!
  • 彼がどのフリーターなのかによって、結婚のタイミングは大きく違う!
  • 相手がフリーターでも、あなたが幸せになれるならそれでいい!

以上です。

この型の場合、詳しい事情は存じ上げませんが、かなり甘えん坊な恋人だなと思うので、おそらくモラトリアム型かなと思っています。
推測ですが。
ただ、先ほども言いましたが、結婚はタイミングです。
相手の準備が整っていないのに結婚しても、冷めて離婚となってしまうのが目に見えています。

フリーターでもいいんです。
ただ、彼に準備を整える期間をあげましょう。
どうしても待っていられないということなら「いまから〇年以内に、私は結婚したいよ」と伝えてあげてください。

それまでに準備を整えられないようなら、別れてしまえばいい。
それまでに何が何でも準備を整えてくれたなら、結婚すればいい。

そんな感じで、ゆるふわっと構えておけばいいんじゃないですかね。
結婚なんて、新しいスタートの合図にすぎないのですから。

それでは、本日はこの辺で。
あなたの幸せを、心より願っております。
シーナでした。

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
ネットに生息する野生の占い師。主にトート・タロットを使って鑑定します。 ブログでは占いの話や、心理学のマメ知識、占いサービスのご紹介、雑談などをします。 占いに関する記事のご依頼もお気軽に!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 憂き世のほとり , 2020 All Rights Reserved.